小山久美子(竹紙制作

〈略歴〉
1951年 青森県つがる市生まれ。
1992年 故水上勉氏の教えを受け、
勘六山房にて竹紙を漉き始め、現在に至る。

勘六山の竹100パーセント使用。
長年の試行錯誤により生み出された
美しい質感と強度は定評がある。

各地の展覧会に竹紙を出品。

inserted by FC2 system